読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずっこけランチェスターの『 中年よ大志を抱け! 』 ネットビジネス模索編

初めまして、ランチェスターと申します。1年前までパソコンに触れたこともない冴えない中年です。せどりを初めて9ヶ月で月商138万円、利益率は28%(利益38万9千円)。月一回の日曜日の午後と、毎週1〜2回の15分程度の仕入れで実現しました。世は先行きの暗い不景気に突入しました。人は1人ではありません。護らなければならない人がいるはず。今働いている職場にのみ、大切な人を護る命運を預けていて良いのか⁉︎ いつでも 誰でもできるネットビジネスのやり方だけでも覚えておくべきなのではないでしょうか!

【 iPhoneのアクティベーションロック 】

iPhoneアクティベーションロック 】

 

ランです(≧∇≦)
時短目指してます❗️
楽天ROOMの売上報告日記】


Amazon転売そのものではなく、ヤフオクで中古のiPhoneを転売している方、中古のiPhoneを好んで使っている方、これから中古のiPhoneを購入しようと考えている方には気をつけたい情報です。

 

一年前まで全くスマホを使えず、せどりよりもiPhoneの操作と機能のことを知る為に使った時間のほうが多かった1年間でした。

 

同時に、古いパソコンにWindows10をインストールして文鎮化。
メーカーさんもお手上げ状態。

そんな中で マニアの方にも負けない知識を、無駄に身に付けてしまいました。
ほんの少しですが(≧∇≦)

 

私は せどりには中古のキャリアと契約していないiPhoneルーターと繋げて使用してます。
極端なビビりなんです。
もし、何処かに忘れてしまい、なくたったらどうしようとか考えると メインで使用しているiPhoneは肌身離さずポケットにインしたままにしておきたいんです。
飲食店のテーブルの上にiPhoneを置くのもビビりながら(笑)

 

先日、アメリカのAppleが2014年から提供している、アクティベーションロックが確認できるページを削除してしまいました。


これ、中古のiPhoneの売買に便利なサービスだったんです。
削除された理由はわかりません。
一部のマニアの方や、陰謀論が好きな方々の間では トランプ大統領の仕組んだ嫌がらせだと言っているとか。
真相はわかりません。

 

現在、中古で売買されるiPhoneのほとんどが、シリアルナンバーか IMEIというやたら長い番号が記載されて売っています。
ヤフオクも例外ではありません。

 

今回 削除されたアクティベーションロックを確認できるページに、シリアルナンバー or IMEIのナンバーを入れて検索をかけると、そのiPhoneアクティベーションロックが かかっていないか確認ができたんです。

 

アクティベーションロックがかかっていると、自動的に通信が出来ない状態になっています。
本体代金の分割未払い時にロックがかかってしまうケースが多いです。


ロックがかかってしまっていると、折角 iPhoneを購入しても 通信が出来ないんですよ。

使えるようにするには、最初に購入した人が未払いを払うしか方法はないみたいです。


ですので中古のiPhoneの売買には、このアクティベーションロックを確認できるページがすごく重宝されていました。

まだ日本版は削除されていないようです。
ただ、いつ削除されてもおかしくない気がします。

 

中古iPhoneの相場に影響出ちゃうのかなぁ。

さてさて、本題のROOMの話しをしなきゃ。

私は12/23からROOMを始めました。

12/23から昨日までの売り上げが、ほぼ30万円でした。

意外と売れちゃうのねwww

一喜一憂せずに、淡々と投稿していきます。

本日の数値報告です。

 f:id:u5888dbc72k5w3E05SE201:20170201151345p:imagef:id:u5888dbc72k5w3E05SE201:20170201151351p:imagef:id:u5888dbc72k5w3E05SE201:20170201151355p:image