ずっこけランチェスターの『 中年よ大志を抱け! 』 ネットビジネス模索編

初めまして、ランチェスターと申します。1年前までパソコンに触れたこともない冴えない中年です。せどりを初めて9ヶ月で月商138万円、利益率は28%(利益38万9千円)。月一回の日曜日の午後と、毎週1〜2回の15分程度の仕入れで実現しました。世は先行きの暗い不景気に突入しました。人は1人ではありません。護らなければならない人がいるはず。今働いている職場にのみ、大切な人を護る命運を預けていて良いのか⁉︎ いつでも 誰でもできるネットビジネスのやり方だけでも覚えておくべきなのではないでしょうか!

【 マニア達が待ちに待った日がきます。】

【 マニア達が待ちに待った日がきます。】

 

ランです(≧∇≦)
時短目指してます❗️

楽天ROOMの売上報告 】

 

知ってる人はスルーして。

知らない人は知識として。

興味ある人は寄っといで。

知りたいと思う方は、2度見てね。

 

今日はROOMの事も、せどりの事も書きません。

完全にガチで1つの事に絞ります。

うん! ガチです。

 

ギリギリまでblogに書くか迷ってました。

ROOMを含めたネットビジネス全般の事を書いているblogなので、逸脱してしまうのではないかと迷ってました。

 

でもね、これを読んで間違った情報に左右される人が1人でも減って欲しいので、書くことにしました。

 

 4月に日本で法改正があります!

このblogでも何度か書いた暗号通貨に関する法改正です。

 

何故、ランは暗号通貨に熱を上がるのか?

理由は1つ。

暗号通貨そのものではなく、ブロックチェーンの技術が これから世界を変えるからです。

 

どうして今日、このようなタイミングでそういった内容を書くのか?

それは4月に入ると、様々なメディアや雑誌で特集が組まれるから。

 

 一気に情報が駆け巡ります。

間違った情報も、正しい情報も同時に駆け巡ります。

 

ランはね、ずっと1人でコツコツ、コソコソとネットビジネスを模索していました。

なので海外の情報もキチガイのレベルで持っています。

 

ハッキリと言い切ります。

この分野のblogを書けと言われたら、特別考えなくても 時間が許せば一年分くらいのblogを書けます。

 

blogを毎日書いている方は、1つのblogを書くのに どれだけの時間を要するか、大変さがわかると思います。

時には、数時間かかる事もあるでしょう。

 

でもね、ランは今持っている知識だけで一年分くらいは書けます。

そのくらい苦しみながら、睡眠を削り知識を得てきました。

 

 数年かけても書ききれないかも(笑)

誰かに教えてあげたとしても、泊まり込みの合宿で1週間かけても伝えきれないと思います。

 

下地がある人対象でもそのくらいかかります。

 

興味があるという程度の方には、1ヶ月かけても伝えきれません。

 

4月が来るまで、あと二日。

出来れば この二日間で、なんとなくで良いのでブロックチェーンの技術を調べて知って欲しいんです。

 

何かを覚えるのには順番が大事な時もあります。

本当は しっかりと手順を踏んで知って欲しいのですが、もう直ぐ4月がやってきます。

 

下地があり、興味がある人でも相当の時間をかけて勉強しないと、全体像すらつかめません。

それをメディアの方は、限られた取材時間の中で専門家の方とお話しをして記事を書きます。

 

触り程度しか理解出来ないと思います。

なので、東スポのように 目をひく内容や題名を流していきます。

中身を知らないので、深い内容を作れないんです。

 

現在、政府もブロックチェーン技術の必要性に気付き、必死で専門家に講習をしてもらっている状況です。

それでも完全に理解出来ないレベルです。

 

だから、ニュース、雑誌、特番なんかでブロックチェーンの特集が組まれても、わからない人が わからない人に教えるようなもので、まとまりがつかず 解りにくい内容で締めくくるしかないんです。

 

このブロックチェーン技術というのは、暗号通貨の一番手のBITcoinの論文をネットで発表した『 ナカモト サトシ 』と名乗る人物によって世に出ました。

 

このブロックチェーン技術が、これからの世界を一変させる破壊力を持っています。

ブロックチェーンを応用しなければ、国も企業も生き残れません。

 

日本は暗号通貨もブロックチェーン技術も、世界有数の後進国です。

マジっす。

 

世界一優秀な銀行の情報網があるおかげで、暗号通貨もブロックチェーン技術も必要なかったからです。

このままいくと ガラパゴス化し、世界に取り残されてしまいます。

 

BITcoinには良く思われない案件がまとわりついています。

 

匿名性の高い、バーチャル通貨だと思っている方が大半です。

匿名性が高いのは本当のことです。

英語のクリプト カレンシーという単語を、最初に和訳した方が仮想通貨と訳してしまいました。

これにより、バーチャル通貨だと思われてしまっています。

 

実際は暗号通貨と訳すべきなんです。

通貨の情報を暗号化しています。

 

他にも 当時日本最大の暗号通貨取引所のマウントゴックスが破綻したのも、暗号通貨の印象を悪くしましたね。

 

暗号通貨は危ないと。

 

事実は、マウントゴックスという取引所のトップが莫大な金額を横領していたんです。

マスコミは視聴率が高ければ良いので、その後 暗号通貨そのものが危ないのではない情報を時間をかけて流していません。

 

アメリカのシルクロードというサイトが、BITcoinを使ったマネーロンダリングの助成の一因になって摘発を受けた事も更に世間の印象を悪くしました。

 

また、BITcoinが当初世に出た時から100万倍以上の価値になっていることから、BITcoinの話しを持ち出し 中身のない暗号通貨を売りつける詐欺が横行したのも、イメージに傷をつけました。

 

こういった事があり、BITcoinや他の暗号通貨全体のイメージを悪くしました。

 

4月に入ると、また視聴率や販売部数を伸ばしたいメディアが 事実を全て語らず、人気取りのみに特化して情報を流す事が予想されます。

 

 出来れば、マスコミの情報な振り回されず この二日間 自分で調べて覚えて欲しいかな。

情報が少ないうちのほうが、調べるのも、覚えるのも簡単です。

 

ブロックチェーン技術は、世界を救える技術だと思っています。

それがたまたま暗号通貨に使われているだけで。

 

暗号通貨も 中身のある良いものもたくさんありますが、詐欺系の暗号通貨によって評判が悪くなりました。

暗号通貨の全てが悪い訳ではないのです。

詐欺をした人が悪くんです。

 

これからブロックチェーン技術によって、世界が変わろうとしています。

たった二日間だけで良いので、ブロックチェーンについて偏見を捨てて調べて欲しいっす!

 

暗号通貨の取引をしているマニアさん達は、二日後に暗号通貨の価格が上がる淡い期待を持って虎視眈々と4月が来るのを待ち望んでいます。

 

 早いですが、今日のROOMの数値報告をいたします( ̄^ ̄)ゞ

https://room.rakuten.co.jp/room_787849a7ff?scid=mi_rom_iphoneapp_mr_mail

 

f:id:u5888dbc72k5w3E05SE201:20170330074516p:imagef:id:u5888dbc72k5w3E05SE201:20170330074519p:image